オリジナルウェア

紫外線対策に欠かせないUVカット加工。秋は「オリジナルパーカー」でおしゃれに着こなそう!

2019/01/13

uv-cut-parka

秋は、春・夏とくらべて紫外線量が少ないものの、日焼けをする機会が多い季節。体育祭・文化祭・BBQ・キャンプなど、屋外活動がしやすくなる時期ですよね。

「日焼けをしたくない!」

「日焼け止めは欠かせない!」

紫外線を嫌がるそんなあなたにぜひ着ていただきたいのが、UVカット加工がされているウェアです。そして、フード・ポケットのついた「パーカー」も有効!

ここでは、

「どういう仕組みなの?」

「おすすめのウェアは?」

と気になるあなたへ。UVカットの効果やオシャレなデザイン例を紹介しています!

紫外線をはね返す「UVカット」の仕組み

UVカット・UPF値の表示があるウェアには、大きくわけて以下の2種類あります。

繊維に練り込むタイプ

ウェアを形成する繊維に、UVカット効果があるタイプです。洗濯をしても効果がつづくのが特長。素材であるポリエステルやレーヨンに、紫外線を吸収&反射させる酸化チタン・特殊セラミックなどを練り込んでいます。

繊維に塗るタイプ

綿・ポリエステルなど繊維に紫外線吸収剤・紫外線錯乱剤を塗布しています。上記とくらべて安くこ購入でき、デザイン・カラーが豊富。通販サイトなど、よく見かけるのはこちらのタイプです。洗濯や用途によって、効果が徐々に薄れていくといわれています。

UVカットの効果は「色」で変わる?

UVカット加工がされていても、実際には何を見てウェア選びをすれば良いのでしょうか?日焼け対策を狙うなら、まずは「生地の色」に注目してみましょう!

紫外線を通しやすい色

色の効果

いろんなウェアがあるなかで、生地の厚さ・サイズとともに決め手になるのが「色」ですよね。色によって、紫外線を肌へ伝えるレベルが変わります。

紫外線を通しにくい色は濃い色(黒・青・緑・黄・赤・オレンジなど)。通しやすい色は「白」です。ただ、黒はからだに熱がこもりやすいのが難点。夏・秋に涼しく着たいなら、紫外線以外の光もはね返す「黄色」がオススメです。

紫外線遮蔽率(UPF値)を見てえらぶ

UPF value

UVカットのウェアには、「紫外線遮蔽率(UPF値)」の表示があります。UPF値は日焼けを防ぐ指数のこと。衣類の場合は「90%」「30」などであらわします。数値が高いほど、紫外線を防ぐ効果が高いということ。MAXが「50+」で、UPF100でも120でも「50+」と表示されます。

たとえば、10分間、ふつうのウェアで紫外線を浴びてできた日焼け。UPF50のウェアを着て同レベルの日焼けをするには、15分×50=750分間(12時間30分)浴びる必要があります。もし、1日中屋外にいる可能性があるなら、UPF値の高いウェアを選ぶと良いでしょう。

効果には寿命がある

lifespan

UVカット加工の寿命は、大体2~3年といわれています。紫外線の予防効果は永遠に続かないということですね。特に、紫外線吸収剤などを塗っているタイプは着れば着るほど効果が薄れていきます。買ったときの効果をそのままキープしたいなら、1シーズンで買い替えるのがオススメ。

UVカットのウェアは涼しい!熱中症対策にもなる

heatstroke

「鏡のように紫外線がはね返る」ということは、太陽光を反射するのでウェア内の温度も上がりにくいんです!すると、体温が上がりにくくなり発汗・脱水症状を防ぎます。

UVカット加工は、紫外線をシャットアウトするだけでなく、熱中症を防ぐことも可能!夏・秋の屋外活動にピッタリですね^^

パーカーもUV対策に有効!

UV countermeasure

 

UVカット加工がされていなくても、手軽に対策できるのが「パーカー」!フードで顔・首の日焼けを、長袖やお腹のポケットで腕・手の甲の日焼けを防ぎます。

実は、紫外線遮蔽率(UPF値)の表示がされているウェアは、Tシャツやポロシャツが多いんです。でも、半袖だと腕の部分が出てしまうし顔は帽子をかぶる必要が・・・。

猛暑の夏がおわり、朝や夜が肌寒く感じる秋。

「日中の日差しは気になるけど、防寒対策もしっかりしたい!」

「Tシャツやポロシャツ1枚だけじゃ頼りない!」

と感じる時期に欠かせないのがパーカーなのです。

今年はパーカーをオシャレに着こなそう!

手軽に日焼けを防げるパーカー。RESART(リザート)で自分だけのオリジナルパーカーを作りませんか?

豊富なカラーとサイズがあり、無地の商品もプリント加工も高品質!福井県の自社工場にて1枚ずつ手作業で加工をしています。また、発注~発送までをすべて自社で行っているため、激安&短納期で作成できます。

自分の好きなデザインが可能~例~

オリジナルパーカーなら、自分の好きなデザインでプリント可能!お気に入りの1枚がかんたんに作れます。

【フロント・前中央】特大イラスト

フロント

頭からかぶるタイプのプルオーバーパーカーは、前中央にイラスト・写真・名前などを入れる大きなデザインがおすすめ。

【フロント・左胸】ワンポイントイラスト

前にジップがついているジップアップパーカーは、胸あたりにワンポイントを入れるのがおすすめ。段差のある部分(前中央など)にはプリントできないので注意です。

【RESART】秋の人気おすすめパーカー

リザートおすすめの無地パーカーを紹介していきましょう!

フーデッドライトパーカー|Printstar

フーデッドライトパーカー_裏毛

薄手のパーカー。軽くて重ね着しやすいので、秋の日焼け対策にうってつけです。フラミンゴピンクやオーシャンブルーなどビビット色が好きな人にぴったり。

ドライスウェットプルオーバーパーカー(パイル)|UnitedAthle

ドライスウェットプルオーバーパーカー(パイル)

UV加工がされており、UPF値は50+!汗などの水分をすばやく吸収&乾燥し、サラッとした着心地をキープしてくれます。汗をかく機会の多い秋にピッタリ。フルジップタイプもあります。

レギュラーパイルスウェットフルジップパーカー|UnitedAthle

レギュラーパイルスウェットフルジップパーカー_裏パイル

パーカー好きにうれしいWファスナーです。閉じるとファスナーが目立たないようになっています。二重のフードで紫外線対策バッチリ。

スウェットフルジップパーカ(裏パイル)|UnitedAthle

スウェットフルジップパーカ_裏パイル

裏パイル(タオル)生地の人気アイテム。カラーが全22種類と豊富なので、デザインとピッタリの色を組み合わせられます。プルオーバータイプもあり。

秋の日焼け対策はパーカーで決まり!

UVカット加工がされているウェアは特殊な素材。UPF値などの表示を見てから購入する必要があります。一方、パーカーは「はおるだけ」でOK!自由なデザインができるオリジナルパーカーなら、ヘビロテできる1枚がGETできますよ。

日焼け対策を完ぺきにするためには、日焼け止め・日傘・UVカットスプレー・アームカバーなどのアイテムもたくさん使う必要があります。でも、パーカーを着れば外出時の荷物が減!ジップアップタイプなら、サッと脱ぎ着できるので体温調節もかんたんです!

-オリジナルウェア
-,