オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作成!デザインのプリントサイズはどうやって決める?

2018/07/19

Print size

オリジナルTシャツを作成!デザインが決まったら、次に考えるのはプリントサイズです。プリントしたい位置に合わせて、希望の大きさを決めていきましょう!

ところが、プリントサイズを失敗すると、デザインそのものが台無しになってしまう可能性が。実際に手に取って見たときに、「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまいます。

そこで今回は、

「どうやってプリントのサイズを決めよう?」

と考えているあなたへ。RESART(リザート)でできるプリントサイズの指定についてと、プリントサイズの決め方&注意点について紹介していきます!

具体的なサイズ指定OK!

リザートは、商品に対してプリントの位置&サイズの指定ができるようになっています。

もちろん、

Within range

このように、あらかじめ設定された位置の範囲内でサイズを決めるのもOK!

ただ、「ここじゃないんだなぁー」という希望もありますよね。リザートは、そんなときでも安心!

例えば、

  • 衿から9cm
  • ジッパーから横に5cm

など。より完成イメージにピッタリなオリジナルTシャツが作れます!

【注目】Tシャツのサイズで大きさが違って見える

同じプリントサイズでも、Tシャツやポロシャツなど商品のサイズによって大きさが違って見えます。

実は、これは目の錯覚!

ですが、S・XLなど別のサイズを数枚作りたい人は、見た感じを同じにできるように、見た目にも注目してみましょう。

It looks different

商品が大きいほど、プリントが小さく見えますね。

デザインを目立たせたいなら大きめサイズで。ワンポイントなど、ちょっとしたものなら小さめサイズで作るのがコツです。

【決め方】1枚ずつ大きさが違ってもOK!

ここで疑問なのが、「1つの注文で1枚ずつサイズが違ってもいいの?」という点。リザートでは、1枚ずつ異なるプリントサイズでもOKとしています。

ただ、プリント方法の1つ「シルクプリント」では、サイズごとに製版が必要。サイズの数だけ製版代がかかってしまいます。

考えたデザインが大きすぎることも

Too big

リザートは、オリジナルTシャツのデザインはお客さま自身で考えてもらい、それを元に完成イメージ図を作成しています。

デザインを伝える方法は、

  • 紙に手書き→スマホで撮影してLINEで送信
  • デザインソフト(イラストレーターなど)で作成→データ送信
  • FAX・メールで送信

など。ただ、実際の商品が手元にあるわけではないので、正確なサイズって分かりにくいですよね。

送ったデータのサイズが、プリント可能な範囲を超えている可能性も考えられます。そのため、リザートではデザインを縮小してプリントする場合があります。

【注意点】

プリントする位置が指定できたり、大きさが1枚ずつ選べたりと、わりと自由に選べるリザートのプリントサイズ。ただ、注意する点がいくつかあります。

  • ミリ(mm)単位のサイズ指定→不可
  • ジッパー・縫い目・ボタン部分→不可

商品の特性上、サイズの指定はセンチ(cm)単位でお願いしています。また、段差がある部分へのプリントは、インクがつぶれたり擦れたりする可能性があり、デザイン自体の仕上がりが悪くなる可能性があります。

プリント位置×プリントサイズ一覧

プリント位置とプリントサイズは、選ぶ商品によって異なります。

例えば、長袖のTシャツの場合、袖のプリント範囲が広くなりそれに伴いプリントサイズも大きくなるなど。無料の見積りでは、プリント位置・プリント方法・色数を選ぶときにプリント可能な範囲も把握できます。

では、具体的にどんな違いがあるのか?人気商品の以下の4つを比べてみました。

  1. ヘビーウェイトTシャツ|Printstar
  2. ドライポロシャツ(ポケットなし)|glimmer
  3. フーデットライトパーカー|Jellan
  4. ドライスウェットフルジップパーカー(パイル)|UnitedAthle

※商品の詳細は以下にて。

フロント

フロントは、ボタンやジッパーのある範囲へプリント不可。また、Tシャツは特大サイズ(高さ40cm×幅35cm以内)のプリントが可能です。

1.ヘビーウェイトTシャツ|Printstar

2.ドライポロシャツ(ポケットなし)|glimmer

3.フーデットライトパーカー|Jellan

4.ドライスウェットフルジップパーカー(パイル)|UnitedAthle

バック

バックは、いずれも段差がないため特大サイズ(高さ40cm×幅35cm以内)のプリントが可能です。

1.ヘビーウェイトTシャツ|Printstar

2.ドライポロシャツ(ポケットなし)|glimmer

3.フーデットライトパーカー|Jellan

4.ドライスウェットフルジップパーカー(パイル)|UnitedAthle

サイド

袖が長いパーカーは、縦長サイズ(高さ30cm×幅10cm以内)のプリントが可能です。

1.ヘビーウェイトTシャツ|Printstar

2.ドライポロシャツ(ポケットなし)|glimmer

3.フーデットライトパーカー|Jellan

4.ドライスウェットフルジップパーカー(パイル)|UnitedAthle

商品詳細

ヘビーウェイトTシャツ|Printstar

綿100%素材のやさしい肌ざわりが特長。オリジナルTシャツの王道アイテムで大人気のTシャツです。安いけれども丈夫で高品質!58種類の豊富なカラーが魅力です。

ドライポロシャツ(ポケットなし)|glimmer

ドライポロシャツ(ポケットなし)

汗などの水分をすばやく吸収&乾燥。ポリエステル100%素材でいつでもサラっと着こなせます。洗濯後の型くずれ・色あせも心配なし。

フーデットライトパーカー|Jellan

フーデッドライトパーカー

綿100%素材と裏毛でやわらかい着心地。フラミンゴピンクやオーシャンブルーなどビビットな色展開が魅力の人気パーカーです。

ドライスウェットフルジップパーカー|UnitedAthle

ドライスウェットフルジップパーカー(パイル)

屋外・屋内で体温調節がしやすいフルジップパーカー。吸水速乾(ドライ)・UVカット機能でサラッと、裏面パイル(タオル生地)でやさしい着心地です。

カッティングプリントのサイズ&価格表

Cutting print

プリント方法の1つ「ナンバリング・ネーム」。スポーツチームのユニフォームへなど、1枚ずつ違った名前を安くプリントできる方法です。

こちらは、文字の高さと文字数で長さが変わり、価格もあらかじめ設定されています。

★料金表※1箇所1枚あたりの価格(税込)

Price list

素材によって、150~200円の差があります。

完成イメージをかならずチェック!

今回は、プリントサイズの決め方や注意点を紹介してきました。

商品によっては、プリントの位置やプリントサイズが限られているものもあります。でも、完成イメージに1番近いものを実現させるため、リザートはお客さまからの要望に対して柔軟に対応。プリントサイズが1枚ずつ違ってもOKです。

最終的なデザイン決定の前に、かならずイメージ図&完成イメージの画像をお伝えしています。当初のデザイン案と相違ないか、かならずチェックしてから注文を完了してくださいね。

デザイン案・商品が決まったら、まずは無料の見積もりを!具体的な指定がある場合はプリント備考欄へ^^お気軽にどうぞ♪

-オリジナルTシャツ
-,