オリジナルウェア

【冬】スポーツの応援はオリジナルの「ベンチコート」で決まり!寒さを忘れて全力で応援しよう

Winter sports support

天気が変わりやすい冬。明るくて晴れていたのに、急に暗くなって雨や雪が降ってきたなんてときが増える季節ですよね。風も冷たいし、全身が濡れて風邪を引きそう。そんな不安をやわらげてくれるのがベンチコートです。

大好きなチームの大切な試合。寒さを気にしていては応援に集中できません!

ここでは、

冬のスポーツの応援にそなえるには?

とお困り中のあなたへ。おすすめの服装「ベンチコート」の魅力と選び方をご紹介。特別な1枚を着て、全力で応援を楽しみましょう!

冬のスポーツの応援は下半身のあたためが大事

For warmth

スポーツの応援は楽しみなイベントなので、「ちょっとだけおしゃれをしたい」と思うかもしれませんね。女性なら、ステキなコートやスカート・ブーツを履きたいところ。でも、冬はとにかくあたためが重要です。

服装は、パンツスタイルをベースに防寒対策をしっかりとして行くのがおすすめ。手足の先は感覚がなくなるほど冷えてしまう可能性があります。手袋やマフラーはもちろん、背中には貼るカイロを。足元はムートンブーツなどのあたたかい素材を選びましょう。

ただ、意外と忘れがちなのが下半身のあたため対策。裏起毛のボトムスを履いていても、太ももやふくらはぎにカイロを貼るのってあまり一般的ではありませんよね。下半身は、ほかの部位と比べて寒さに強いとはいわれていますが、お腹や腰の冷えにもつながるのでしっかりとあたためるのが大切です。

真冬はベンチコートを着よう!

下半身の冷えを解決してくれるのがベンチコート。フードをかぶれば、頭からひざ下まですっぽりと包み込んでくれます。

ベンチコートの特長

スポーツ観戦や応援、特に屋外の活動で活躍するのがベンチコート。主に、試合中の選手やスタッフがベンチでの待機中・アップ中に着る防寒具として使われます。もちろん、ふだん使いもOK。体の熱が外へ逃げないよう、ひざ下までの丈の長さとさまざまな工夫が凝らされたアイテムです。

ベンチコートは、

  • ダウンコート
  • ボアコート

の2種類あります。ダウンコートは防寒性・保温性に優れていますが、価格が高めで家庭での洗濯ができません。一方、ボアコートは軽量で動きやすいのでスポーツ向き。家庭で洗濯できるタイプが多いです。

ベンチコートを選ぶコツ

あたたかいベンチコートを選ぶコツは、以下の3点です。

  • 使用目的を考える
  • 撥水加工の有無をチェック
  • ファスナー&ボタンつき

スポーツの応援は、座ったり立ったり、スタジアム内の階段を上り下りしたり。腕を大きく上げて横断幕を掲げたり応援歌を歌ったり。スピーディーな動きが必要なので、動きやすいタイプがおすすめです。

風を通さないために、ファスナーだけじゃなくファスナーを覆うボタンもあるとよりあたたか。また、ダブルファスナーだとベンチコートを着たままコート内のポケットに手が届くので、大変便利です。

RESART(リザート)で応援チーム専用のベンチコートを作りませんか?

RESART

とてもあたたかいとはいえ、やっぱり気になるのが見た目のデザイン。無地やワンポイントのブランドマークが入ったベンチコートを多く見かけますが、地味で物足りない!という人は、自分でオリジナルのデザインを入れちゃいましょう!

たとえば、

  • チーム名
  • チームロゴ
  • 選手名・背番号

など。子供が参加するスポ少の応援や、自分たちが出場する試合にぴったりです。

ほかの応援団のメンバーやチームメンバーとおそろいで作ると、仲間意識が高まり一気にモチベーションアップ。寒さを忘れて、楽しみながら応援ができちゃいます。

すぐに着られる!最短2営業日で完成

自分でデザインを考えた特別なベンチコート。注文してから、できるだけ早く着たいと思いませんか?リザートでは、注文確定後すぐにプリント加工をスタートし、最短2営業日で完成&発送をいたします。これは、福井県の自社工場でプリントをしているリザートならではの強みでもあります。

週末の試合に着たい!とギリギリの注文になっても、間に合う可能性が高いですよ。ぜひ、お気軽にご相談くださいね。

ベストなプリント方法で仕上がり満足!

リザートはプリント方法が4種類あります。

  • シルクプリント
  • インクジェットプリント
  • 転写プリント
  • カッティングプリント

それぞれ価格やプリントの質感などが違っており、仕上がりのイメージと合わせてベストなものを選ぶことが可能です。

また、「どれがいいか分からない」「なんだか難しい」と悩まなくてもOK!ご相談内容に応じて、リザートがぴったりのプリント方法を提案いたします^^

それでは、4つの中からベンチコート向けのプリント方法を2つ紹介しますね。

転写プリント

転写プリント

色数の多いチームロゴやカラフルにして目立たせたい人におすすめ!色数の制限がなく、フルカラー対応。グラデーションやぼかしなどが表現でき、胸や袖などにワンポイントだけのデザインも可能です。一旦専用のシートにデザインを印刷して業務用プレス機で圧着させるので、ブリント部分の仕上がりが少々固めになります。

カッティングプリント

Cutting print

自分や応援選手の名前・背番号を入れたい人。また、おそろいのチームロゴを入れつつ、1枚ずつちがうプリントをしたい人におすすめです。ほかのプリント方法では、デザインが異なるとその分費用も高くなりますが、カッティングプリントなら費用がグッと抑えられます。

欠点は、デザインに使える色は1色のみで、選べるカラーや書体の種類も決まっていること。ただ、ほかのプリント方法と合わせられるのが良いところ。胸におそろいのワンポイントを入れつつ、背中には名前・背番号が個別に入れられます。

【あったか安心】RESARTのベンチコート

リザートの取り扱うベンチコートを紹介します!

ロング中綿コート|wundou

ロング中綿コート

高いはっ水機能と保温機能。内ポケット付きで換気(ベンチレーション)可能、スリットがサイドに入っています。サイズ展開は110〜150・S〜XLと、小学生のお子さまから大人までみんなが着られる1枚。

セミロングボアコート|wundou

セミロングボアコート

裏生地がほわほわのボアであったかい1枚。光沢感のあるカラーが魅力です。特に、バーガンディー・シルバー・ゴールドのカラーがおしゃれ。ボタンファスナー仕様で風を通さず、サイドには動きやすいスリットが入っています。

ライトベンチコート|LIFEMAX

ライトベンチコート

軽くて動きやすい1枚。高密度のポリエステル100%素材で保温性にも優れています。レディース用は、Aラインのスタイリッシュなシルエットになっています。

ベンチウォーマー|BEESBEAM

ベンチウォーマー

キルティング生地&ボアを使用した裏地と袖口のボアが、優れた保温性を確保。袖全体はキルティング生地で、袖が通しやすくなっています。フードは、その日の気候に合わせて取り外しが可能。服についても目立たないグレーのボアがうれしいです。

アクティブベンチコート|Printstar

アクティブベンチコート

プリンタブルの人気ブランド「Printstar(プリントスター)」からはこちら。高密度で最強の保温性をほこる1枚。サイズ展開は150・S・L・XLの4つあります。

愛のこもったベンチコートで応援もばっちり!

ベンチコートの中は、重ね着や裏起毛のインナーを着るなどすれば完ぺき。頭や顔まわりも忘れずに、手袋・帽子・ネックウォーマー・マスクなどを有効利用しましょう。背中には、貼るカイロも。ポケットには貼らないタイプのカイロを入れておけばあたたかいですよ。

ベンチコートにオリジナルのデザインをプリント。そんなちょっとした工夫をするだけで、愛するスポーツチームの応援が楽しくなりそうですね!リザートは、自社工場で1枚ずつ丁寧にまごころを込めてプリントしています。高品質で満足のいくオリジナルのベンチコートをぜひ作ってください^^

-オリジナルウェア
-