オリジナルTシャツ

クラスTシャツの作り方!何からすればいいかわからないあなたへ。お届けまでの流れや価格例をご紹介。

2019/10/02

how-to-make-a-class-t-shirt

文化祭や体育祭用のクラスTシャツ。はじめての人は、完成のイメージはあれど具体的な作り方ってわかりにくいですよね。

一体なにから始めればいいの?

値段はいくらくらいかかるの?

いつまでに着られるの?

など、いろんな疑問が出てくると思います。

せっかくなら、流行りの背ネームも各々で入れてクラスみんなが満足できるものを作りたい!

そんなあなたへ、オリジナルショップ「RESART(リザート)」がクラスTシャツの作り方をご伝授!デザイン開始から実際にクラスTシャツが着られるまで、楽しみながら意外と簡単に終わらせられるので、ぜひご参考にしてくださいね^^

クラスTシャツの注文前にできること

まずは、注文をする前に以下の3つをやってみましょう。

デザインを考える&作る

to design

クラスTシャツの重要な部分「デザイン」。Tシャツの胸や背中にプリントする素敵な文字・イラスト・写真を考えましょう。

たとえば、クラス名やクラスみんなの名前・イラストなど。1人ずつ名前や番号を入れる「背ネーム」も良いですね。

大まかなデザインが決まったら、デザインデータを作ります。PC(Photoshop・Illustratorなど)でも良いですが、紙に書いてスマホでパシャっと撮影するだけでもOK。大きさや色のバランスなど注意点を意識しながら、楽しんで作ってくださいね。

ホームページで無地アイテムを選ぶ

item  

次は、デザインをプリントするTシャツ選びです。ポイントは、どんなシーンで使いたいを考えること。快適な着ごこちでストレスにならないものをチョイスしてください。

リザートオンラインストアでは、スポーツ向けのドライ素材やコスパに優れた生地が薄めのものなど、いろんなタイプのTシャツをご用意しています。すべて、プリント用に縫製された有名ブランドものなので、品質はまちがいありません。

Tシャツのほかにも、ポロシャツ・パーカーなどいろんな種類のアイテムがありますよ。春夏はTシャツ、秋冬はパーカーなどシーズンに合わせて作ることも可能です。

sample

実際に試着してみたい!

商品サンプルの貸出しでサイズ感や肌ざわりが確認できます。学生さんなら学割が適用されて完全無料メール・LINE・FAXで気軽に申し込んでくださいね。

予算を立てる

budget

クラスTシャツにかかる大体の金額を把握しましょう。担任の先生から「○○円まで」と決められているかもしれませんよね。

リザートオンラインストアでは、無料スピード見積りですぐに大まかな金額がわかります。みんなでパソコンやスマホを見ながらできるので、楽しいですよ。

なんどもチャレンジできるので、予算が合わなければその場で調整可能!ただし、実際には正式な見積り後にキャンペーンや学割を適用して安くなります。「予算が○○円なんだけど・・・」というご相談も気軽にどうぞ♪

クラスTシャツの注文の流れ

準備がととのったら実際に注文へGO!クラスTシャツが手元に届くまでの手順を紹介します。

その1|アイテムを選んで詳細ページへ

はじめに、着たいTシャツをタップして詳細ページへ。色・サイズの種類、価格、機能などを確認しましょう。「YouTube」の表示があるアイテムは、ブランドが作った動画が見られます。袖・裾の長さや生地の見え方がわかるので要チェック!

決定したら、「無料スピード見積り」をタップして次のステップへ進みましょう。

その2|見積り依頼をする

Quote form  

無料スピード見積りでは、

  • 色・サイズ・枚数
  • プリント位置・プリント方法・色数
  • 希望納期・オプション・送付先

を選択します。金額は変わりますが、プリント位置や方法などは後ほど変更できるのでわからなければとりあえず入力するだけでもOK!

「見積を表示する」をタップして金額を確認後、「見積を依頼する」から正式な見積内容をリザートまで送信してください。

その3|デザイン提出

次に、デザインの提出です。

  • オンラインストア上のMYページにアップロード
  • メール・FAXで送信
  • LINE(@wnh3042i)で送信

など、好きな方法で教えてください。データの種類・サイズ・解像度などいくつか注意点があるので要チェック!

template

各アイテムに合わせた「入稿用テンプレート」を使うと、プリント位置や完成イメージが正確に伝えられますよ。

その4|プリント・デザインのイメージ、金額確認

Print image

デザイン提出後は少々お待ちを!リザートがプリントイメージ・デザインイメージを作成して最終金額とともにご連絡いたします。修正があればすぐにお知らせを。OKなら注文確定です。クレジットカード・銀行振込・ゆうちょ振替のいずれかで入金手続きをしてくださいね。

その5|クラスTシャツ到着!

arrival

福井県にある大きな工場にてプリント加工をスタート!ご入金が確認でき次第(銀行振込・ゆうちょ振替の場合)、リザート指定の配送業者からすぐに発送いたします。完成の目安は、通常7営業日。急ぎの場合は最短2営業日で発送可能です。

手元にクラスTシャツが届いたら、さっそく中身を確認して着てみてくださいね^^

クラスTシャツの作成でRESART(リザート)が選ばれる理由

RESART

オリジナルショップ「RESART(リザート)」は、注文から発送までをすべて自社で担当しているお店。そのため、学生さんが喜ぶような値引き・サービスができます。

悩みを解決!気軽に相談できる

これまでにたくさんのクラスTシャツを作った経験・知識を惜しみなくお伝えします!作り方に関することはもちろん、デザイン案や値段などさまざまな悩みを安心してご相談ください。

メールは24時間受付、電話やSNS(Twitter・Facebook)からもOK!できる限りすぐにお返事いたしますが、内容によってはお時間をいただくこともございます。

激安の学割『学トク』が魅力的

gakutoku

学生さん(小・中・高・専門・大学)を対象に、リザートの学割『学トク』が利用できます。特典内容は最大で7つ!

  1. サンプル貸出し「完全無料」
  2. 作成30枚以上で先生分「1枚プレゼント」
  3. 着用写真&コメント投稿「50円引き/枚」
  4. すべてのウェア代「30円引き/枚」
  5. デザインデータ作成代「完全無料」
  6. 作成10枚以上で「送料無料」
  7. 特大サイズでも版代「7,000円」

通常ならかかってしまう送料が無料になったり、先生分に無料で1枚多く作れたり・・・。常に開催中の期間限定キャンペーンも併用できるので、最大限お安くできます。

プリントはキレイ&長持ち

リザートのクラスTシャツは割れにくい・剥がれにくい高品質!

業務用の印刷機やインクを使い、熟練の職人が1枚ずつ手作業でプリント加工をしているので、デザインがキレイに入ります。体育祭や文化祭など、イベント当日が終わってからも洗濯をしてくり返し使えますよ。より長持ちさせるなら、洗濯ネット×裏返しで手洗いするのがおすすめ。

完成は最短2営業日

factory

福井県にある大きな2つの工場には、合わせて500面以上もあるシルクプリント台やインクジェットマシーンなどでとても充実しています。注文〜発送までを自社で担当していることもあり、完成までの流れがスムーズ!そのため、最短2営業日でクラスTシャツが作れます。

「今週末までに使いたい」「他のお店で間に合わないと言われた」などでも大丈夫な可能性が高いので、ぜひご連絡くださいね。

価格例

クラスTシャツは、あなたのクラスだけに作る特別なものなので、一律○○円という金額設定はできません。

  • アイテム代
  • プリント代
  • オプション代
  • 送料

これらが料金の内訳です。

ライトウェイトTシャツ

▶︎このアイテムを見る|ライトウェイトTシャツ|Printstar

イラスト+クラス名+クラス全員の名前
プリント位置&色数 前中央1色
合計金額 26,500円(税抜)
1枚あたり 約880円(税抜)

例えば30枚のクラスTシャツを作ると、割引前の金額でこちらになります。1人1,000円未満でクラスTシャツが作れますよ。

▼ほかにもこちらで紹介しています。

リザートで簡単&満足なクラスTシャツを作ろう!

デザイン・アイテムを考えて予算を立てる。何をすればいいかわからない人は、参考のデザインを探すことからチャレンジしてみてくださいね。

学生さんのお財布にやさしく、サービスも満載なリザート。わからないことやご要望など気軽にご相談ください^^

みんなが満足できるクラスTシャツを、リザートと一緒に作っていきましょう!

-オリジナルTシャツ
-,